Q&A

水をあげるタイミングが分からないのですが?

水やりの基本は、乾いたらたっぷり水をあげること

基本的に「乾いたら水をたっぷり与える」ことが樹木を健やかに育てるポイントです。とは言っても、樹種や季節、環境によって乾くタイミングが違うので植物ビギナーの方は悩んでしまうかもしれません。場合によっては、過度に乾かしすぎて水枯れさせてしまうことも考えられます。

植物を育成しはじめて、その植物の性格や、乾き具合が分からないうちは「春・秋は1日1回、夏は朝と夕の1日2回、冬は2~3日に1回」を目安に、乾かしすぎない様に注意しながら水やりしましょう。また、エアコンの風が直接当たる所・室外機の風が当たる所・直射日光が当たる所・風が強く吹く所などに置いていると、乾燥しすぎて水枯れの原因となります。置き場所には十分注意しましょう。

水やりにベストな時間は「朝」

朝に水やりしておくと、日中の間に土がカラカラに乾燥してしまうのを防げます。夏は朝水やりしても、夕方には乾いてしまうことがあるので、夕方も忘れずに様子を見て水やりすようにしましょう。冬、屋外管理の場合は土が凍結してしまうことがあるので、夕方の水やりは避けましょう。

落葉樹と常緑樹の違い

落葉樹は冬が休眠期の樹木です。冬になると葉を落とし、最小限のエネルギーで活動します。省エネモードに入るようなイメージです。そのため、落葉したら水やりの回数を減らしても大丈夫です。3日に1回を目安に、様子を見ながら水やりしましょう。一方、常緑樹は冬でも葉を落とさないため、活動し続けています。屋外で管理していれば少し活性は落ちますが、室内管理ならあまり活性も落ちません。したがって2日に1回を目安に、様子を見ながら水やりしましょう。

コケは乾きのバロメーター

コケが乾いていたら、たいていの場合は鉢の中も乾いています。コケが乾燥すると、カサカサして、普段よりも少し白く色あせて見えます。この状態はコケが乾燥によって休眠状態に入ったサインであり、水やりのベストタイミングです。コケがしっとりと湿っているようでしたら、無理に水やりしなくても大丈夫です。

手に取ってみる

乾いているか分からないときは、手に取ってみてください。用土が湿っていればずっしり。乾いていれば少し軽くなっているはずです。それでも分からないときは、そっと鉢底をのぞいてみましょう。もし、水抜き穴から見える用土が白っぽく見えたら水切れ気味の状態です。急いで水をあげましょう。湿っている様子でしたらまだ水をあげなくて大丈夫です。

植物にとって水やりは、人にとっての食事です

少食な子もいれば、よく食べる子もいます。
お腹がすいてから食事(水)をとると、おいしく感じるのは植物も同じ。
大切なのは、よく観察することです。

石木花図鑑を参考に、
じっくりとその植物に合った水やりのタイミングを見つけてみてください。