お知らせ

葉水について

2016.05.30.Mon

夏の厳しい猛暑対策や、湿度の低い冬場の乾燥対策として、通常の水やりを行うだけでなく、葉に対しても葉水をあげると、葉は美しく保たれ、枯れにくくなります。葉水はスプレーや霧吹きなどで優しく吹きかけるようにします。与えすぎてもあまり意味がありませんので、全体がまんべんなく湿る程度で十分です。こうすることで乾燥を防げるのはもちろん、ハダニなどの害虫から葉を守る効果もありますので、葉の乾き具合を見て定期的に葉水を与えるようにしましょう。
※特に夏場、直射日光のもとでの葉水は蒸れの原因となり、逆に葉を傷めてしまうことがあるのでご注意ください。