石木花図鑑

名前

カナシデ

種類 落葉樹
水やり
日光
肥料
耐寒性
秋には鮮やかに紅葉・黄葉します。
目立ちませんが、赤みを帯びた房のような花をつけます。
羽のような形の果房をつけます。
シデ「四手」とは神社の玉串や注連縄に付ける紙で作った飾りのことで、果実につく葉状の果苞の形が似ていることからその名前が付けられました。葉に整然と刻まれた葉脈と、白く光る幹が魅力的な樹木です。幹が金属のようにぴかぴか光ることから、カナシデといいます。秋には葉が鮮やかな黄色に色づきます。


【置き場所】
日当たりと風通しのいい場所で管理します。夏は強い直射日光が葉焼けや急激な水切れの原因になるので、半日陰や明るい日陰で管理しましょう。冬は屋外か、それに近い環境で冬を体験させます。
【水やり】
根が細いため、水切れするとダメージが大きいので注意しましょう。頻度の目安は、春秋は1日1回、夏は1日2回、冬は2~3日に一回です。
【肥料】
4~5月、9~10月に月一回程度を目安に液肥を与えます。
【育成のポイント】
鮮やかに黄葉させるには、夏場の管理が重要です。夏は直射日光を避けた、明るい日陰や半日陰で管理します。よしず等で日陰を作るのもいいでしょう。また、水切れさせないように注意します。朝に水をやっても夕方乾いてしまう様なら置き場所を工夫し、出来るだけ涼しい所で管理しましょう。夕方に軽く葉水をするのも大変効果的です。