石木花図鑑

名前

クマヤナギ

種類 落葉樹
水やり
日光
肥料
耐寒性
小さく薄い楕円形の葉をつけます。
枝先に白い小さな花をつけます。
緑色の小さな実をつけます。熟すにつれて赤から黒へと色づきます。
繊細に流れるような枝ぶりと小さな葉が可愛らしいクマヤナギ。葉がヤナギに似ていることと、枝が細いのに、まるで熊のように堅く強いことから「クマヤナギ」という名前になったそうです。見た目と名前の由来とのギャップが意外です。花は夏ごろに咲きますが、その後すぐに実はならず、約1年後、花がらの部分に実をつけるという不思議な特徴があります。もしかすると、花と実が同時に楽しめるかもしれません。

【置き場所】
半日陰で風通しの良い場所を好みます。夏は葉焼けを防ぐために、直射日光を避けた明るい日陰で管理します。冬は屋外か、外に近い環境で冬を体感させましょう。
【水やり】
乾燥しすぎないように注意しましょう。目安は春秋1日1回、夏は1日2回(朝晩)、冬は3日に1回です。
【肥料】
4~10月の間、液肥を月に1回程度与えましょう。
【育成のコツ】
乾燥を嫌うため水の管理が重要です。特に夏は水切れさせないように注意します。朝に水をやっても夕方乾いてしまう様なら置き場所を工夫し、できるだけ涼しい所で管理しましょう。朝や夕方に軽く葉水をするのも効果的です。