石木花図鑑

名前

チャボケヤキ

種類 落葉樹
水やり
日光
肥料
耐寒性
秋には鮮やかな黄色やオレンジ色に色づきます。
花は枝元や枝先につきますが、小さく目立ちません。
葉元にとても小さな実をつけます。
やや小ぶりな葉がさわやかな印象。
とても丈夫で枝の成長も早いため、剪定の楽しみや、イメージした姿に作り上げていく楽しみがあります。年月を経るごとに風格が増していきます。

よく日が当たり、風通しの良い場所を好みます。水もよく好むため、春や夏の成長期にはこまめに水をあげましょう。肥料は5~6月、9~10月に月1回程度を目安に与えるようにします。
4~8月は新梢(新しくのびる枝)が次々伸びますが、木の輪郭のシルエットからはみ出す芽を、葉が開く前に2芽残して指やピンセット・ハサミで摘み取りましょう。これを「芽摘み」と言います。この作業を行なうことで姿が整い、美しく繊細な小枝を作ることが出来ます。