石木花図鑑

名前

コメツツジ

種類 常緑樹
水やり
日光
肥料
耐寒性
お米のように小さな葉をつけます。
春に紫色の花を咲かせます。
花後に実が成りますが、目立ちません。
葉の形がお米に似ていることからコメツツジと名付けられました。ちいさな葉が集まった姿は愛嬌があります。春、枝先いっぱいに紫色の小ぶりな花を咲かせてくれます。葉姿よし、花付きよしの人気樹種です。

【置き場所】
半日陰で風通しのいい場所を好みます。春~秋は半日陰や明るい日陰で管理しましょう。暑さにあまり強くないので、特に夏場は高温になる場所を避けてください。冬は屋外に近い環境で冬を体感させましょう。寒さで古葉を落としますが自然なことですので問題ありません。

【水やり】
基本は乾いたらたっぷり与えます。春秋は1日1回、夏は1日2回、冬は2日に1回が目安です。

【肥料】
肥料はよく好みます。3~6月と9~10月は週1回、その他の月は月1~2回、液肥を与えます。(バイオゴールド ヴィコント564を基準にしています)

※市販の液肥は種類によって与え方が異なります。ラベルをよく確認して与えましょう。

【育成のコツ】
○花後は適時、花がらを摘み取ってスッキリさせてあげましょう。また、花後に活性剤と液肥を与えると樹勢(木の体調)が落ちるのを防ぎます。

○しっかり施肥することで花つきがよくなります。

○夏の高温期は、葉が密集していて蒸れ易いので風通しが良く涼しい所で管理しましょう。

○通年、ずっと室内管理していると花を綺麗に咲かせなかったり、生育が悪くなったりすることがあります。特に、蒸れやすい夏は外か、それに近い環境で育成しましょう。また、冬は寒さを体感させることで植物のバイオリズムが整います。最低限、12~2月は外か、それに近い環境で管理しましょう。