石木花図鑑

名前

ヒメサカキ

種類 常緑樹
水やり
日光
肥料
耐寒性
葉は光沢があり、縁に細かいギザギザ(鋸葉)があります。
葉の付け根にベル状の小さな白花をつけます。
紫色の丸い小さな実がつきます。
艶やかで小ぶりな葉が可愛らしいヒメサカキ。
神事に使われるサカキよりも葉が小ぶりなため、‘‘姫‘‘サカキの名がつきました。ベル状の白い小さな花は特徴的な香りで、近くを通るだけですぐに気づきます。丈夫で育てやすいので初心者の方にもおすすめです。

【置き場所】
風通しのよい半日陰を好みますが、環境に順応するのである程度どこでも育ちます。冬は室内で管理します。
【水やり】
水やりは春秋は1日1回、夏は1日2回、冬は3日に1回が目安です。乾燥には強くないので水切れに注意しましょう。
【肥料】
肥料は4~6月・8~10月に、月1回を目安に液肥を与えるとよく育ちます。
【育成のコツ】
直射日光が当たらない場所で管理しましょう。強い日差しにあたると葉焼けすることがあります。明るい日陰や、半日陰がベストです。