石木花図鑑

名前

姫クチナシ

種類 常緑樹
水やり
日光
肥料
耐寒性
斑の入った細長い葉をつけます。
とても良い香りのする白い花を咲かせます。
花後に実がなります。
葉に入った斑が特徴的な姫クチナシ。その佇まいはどことなくエキゾチックな雰囲気です。
また、初夏に香りのいい純白の花を咲かせてくれるのも大きな魅力です。丈夫で育て易いので植物ビギナーの方にもオススメの樹木です。

【置き場所】
日当たりが良く、風通しの良い場所を好みます。ある程度の日陰でも問題なく育ちますが、日当たりのいい場所で育てたほうが花つきが良くなります。冬は気温が0℃以下になるようでしたら室内の暖かい場所で管理します。
【水やり】
基本的に乾いたらたっぷり与えます。春秋は1日1回、夏は1日2回、冬は2日に1回が目安です。
【肥料】
成長期の4月~10月にかけて、月1回程度を目安に水にうすめた液肥を与えます。肥料を与えることで元気に育ち、花つきも良くなります。
【育成のコツ】
丈夫でどんな環境にも順応しますが、基本的に気温が高くて日当たりのいい環境を好みます。環境が整っていた方が生育が良くなり、結果として花つきも良くなります。
室内管理する場合、空調の風が直接当たらないよう注意が必要です。植物にとっては大きなストレスになります。