石木花図鑑

名前

アセビ

種類 常緑樹
水やり
日光
肥料
耐寒性
先のとがった楕円形。新芽は赤く美しい。
春先、スズランのようなベル状の花を咲かせます。
花後に、丸い実をつけます。
アセビは漢字で「馬酔木」と表します。枝葉を食べた馬が酔ったように麻痺してしまうことからこのように名づけられたようです。春先、ベル状の花を咲かせた姿はとても美しく魅力的です。また、涼やかな雰囲気の葉姿も1年を通して目を楽しませてくれます。

【置き場所】
日当たりと風通しのいい場所を好みます。日当たりの良い場所のほうが花つきはよくなりますが、暑さや乾燥は苦手です。極端な日なたや、風が強く乾燥しやすい場所は避けましょう。
【水やり】
基本は乾いたらたっぷり与えます。春秋は1日1回、夏は1日に朝夕2回、冬は2日に1回が目安です。特に早春~秋にかけての成長期は水の吸収が旺盛になります。水切れにならないよう留意しましょう。
【肥料】
真夏を除く3~10月の間、月1回を目安に液肥を与えます。肥料を与えることで元気に育ち、花つきも良くなります。
【育成のコツ】
花後は花がらを摘み取りましょう。花がらを摘むことで無駄な体力の消費を防ぎます。枝が伸びた場合は剪定(カット)して姿を整えます。剪定の適期は花後~6月です。また、剪定した場合は切り口に癒合剤(カットパスターなど)を塗布してください。切り口をそのままにしていると、切り口から雑菌が進入して枝が枯れ上がることがあります。