石木花図鑑

名前

香丁木

種類 常緑樹
水やり
日光
肥料
耐寒性
縁に斑が入った、小さな卵形の葉をつけます。
春と秋に、薄紫色の花を次々と咲かせます。
基本的に実はできません。
小ぶりな葉、繊細な枝ぶりが可憐な香丁木(コウチョウギ)。四季咲きで年に2度、薄紫色の花を咲かせてくれます。また、葉の縁が白く彩られているのが特徴的です。
丈夫で育てやすいので植物ビギナーの方にもオススメの樹木です。


【置き場所】
日当たりと風通しのいい場所を好みますが、ある程度の日陰でも元気に育ちます。夏の直射日光は葉焼けの原因になりますので半日陰で管理しましょう。冬は出来るだけ暖かい所で管理します。寒さを体感するとと葉を落とすことがありますが、暖かくなるとまた芽吹くのでご安心ください。
【水やり】
乾いたらたっぷり与えるのが基本です。春秋は1日1回、夏は1日2回、冬は2日に1回が目安です。春~秋の成長期は水上げも盛んになり、乾きやすくなります。
【肥料】
肥料はよく好みます。通年、月に1回程度を目安に液肥を与えると元気に育ちます。
また、肥料を与えることでよく花を咲かせてくれます。
【育成のコツ】
過度の乾燥が苦手です。特に夏は乾き易くなるので、乾燥に注意して育成しましょう。
室内で管理する場合、エアコンの風は植物にとって大きなストレスですので、直接当たらないよう注意します。
春~秋の成長期は枝が良く伸びるので、定期的にに剪定して樹形を整えます。香丁木は生命力が強く、失敗してもまた芽吹きますので怖がらずに挑戦してみましょう。