石木花図鑑

名前

金芽ケヤキ

種類 落葉樹
水やり
日光
肥料
耐寒性
秋には黄色やオレンジ色に色づきます。
花は枝元や枝先につきますが、小さく目立ちません。
葉元にとても小さな実をつけます。
金芽の名の通り、春の芽吹きはとても美しい金色で見ごたえがあります。葉は小さく、枝は細やかに別れるので、大樹のような風格が楽しめます。こまめに剪定(カット)して枝を作りこんでいく楽しみも大きな魅力です。

【置き場所】
日当たりがよく、風通しの良い場所で管理します。夏は半日陰で管理し、急な水枯れや葉焼けを防ぎましょう。冬は屋外に近い環境で管理して、しっかり冬を体験させましょう。(凍結しないように注意してください)
【水やり】
基本は乾いたらたっぷり水を与えます。葉数が多いぶん水吸いは旺盛な方ですので、水切れに注意しながら様子を見て水やりしましょう。目安は春秋は1日1回、夏は1日2回、冬は3日に1回です。
【肥料】
春の4・5月と秋の9・10月に液肥を与えます。
【育成のコツ】
こまめに伸びた枝を整えることで、格好の良い樹形にしていきます。春先に新芽が芽吹き、枝が伸びはじめて1~2か月も経つと枝が伸び放題になってくると思いますので、その頃を目安に、木の輪郭を意識しながら枝をカット(剪定)してあげましょう。その後も次々と新芽を伸ばすので、新芽をこまめにカット(芽摘み)しましょう。伸び始めた枝の元から2~3節目の葉を残すのが基本です。
失敗してもまた芽吹きますので怖がらずにチャレンジしてみましょう。