石木花図鑑

名前

ヤマアジサイ

種類 落葉樹
水やり
日光
肥料
耐寒性
縁が鋸状のやや大ぶりな葉。
秋には紅葉します。
なじみ深いアジサイの花。ヤマアジサイは小ぶりな品種です。環境や品種によって赤や青色の花を咲かせます。
花後に実がなりますが、あまり目立ちません。
日本の四季を彩る紫陽花(アジサイ)の花。梅雨時、雨に濡れた花の趣はアジサイならではの魅力。ヤマアジサイは通常のアジサイに比べて花も樹形も小ぶりなのが特長で、鉢植えに向いた品種です。しっかり世話してあげると毎年美しい花を咲かせてくれます。

「藍姫」は美しい藍色の花が特徴。「紅(くれない)」は咲き始め白い花が、見事な紅色に変化します。

【置き場所】
半日陰で風通しのい場所を好みます。日当たりの悪い場所でも育ちますが、花つきが悪くなることがあります。夏の直射日光は焼けの原因になるので、明るい日陰や半日陰で管理しましょう。

冬は土が凍結しない環境であれば屋外で越冬させます。寒い地域は屋内に保護して越冬させますが、温かい場所ではなく出来るだけ寒い環境で冬を体験させましょう。落葉している期間は日光があたらなくても問題はありません。

【水やり】
水を好み、乾燥には弱いので水切れには注意しましょう。春秋は1日1回、夏は1日2回、冬は3日に1回が目安です。

【肥料】
4月~6月と、9月~10月は週1回程度、液肥を与えます。その他の月は月2回を目安に液肥を与えますが、落葉後は控えめにしましょう。しっかり施肥することで生育・花付きが良くなります。(バイオゴールド ヴィコント564を基準にしています)

※市販の肥料は種類によって与え方が異なります。ラベルをよく確認して与えましょう。

【育成のコツ】
○花が終わったらできるだけ早く剪定(カット)しましょう。剪定する場所は、木質化している古い枝の上を1節残し、若い緑の枝部分を剪定してください。秋口には花芽をつけるので遅くとも夏までには剪定を済ませましょう。そうすることで、コンパクトな樹形をキープしつつ、翌年も花を楽しめます。

○花後や夏など、体力を消費したり暑さで傷んだりしやすい時期には、活性剤を与えると樹勢が落ちてしまうのを防げます。また、定期的に液肥と混用して与えると、肥料の吸収力も増して効果的です。