石木花図鑑

名前

ヤブデマリ

種類 落葉樹
水やり
日光
肥料
耐寒性
丸形。美しい葉脈が特徴。
樹齢を重ねると手毬の様な白い花を咲かせます。
花後に赤い実をつけます。
冷涼な山地の谷筋や渓谷などに自生します。手毬の様な白い花を咲かせ、藪の中でひときわ目立つことから「藪手毬」と名づけられたようです。野趣のある姿が魅力的な樹木です。

【置き場所】
直射日光を避けた半日陰や明るい日陰で管理しましょう。また、風通しが良く涼しい環境を好みます。室内で育てる場合は蒸れない様に注意しましょう。冬は出来るだけ外に近い環境でしっかり落葉(休眠)させます。

【水やり】
乾き気味になったら与えますが、完全に水切れすると根が傷んでしまいますので注意しましょう。目安は春秋は1~2日に1回、夏は1日2回(朝夕)、冬は3~4日に1回です。湿度のある環境を好むので霧吹き等で定期的に「葉水」すると大変効果的です。

【肥料】
4~6月、9~10月は、週1回ほど液肥を与えましょう。
※石木花推奨「バイオゴールド ヴィコント564」を基準にしています。市販の液肥等は種類によって与え方が異なりますので、ラベルをよくご確認のうえ、与えてください。

【育成のポイント】
○日陰を好みますので、置き場所の日当たりには配慮します。

○葉水を与えると美しい葉を保ちやすく大変効果的です。