石木花図鑑

名前

姫エンジュ

種類 常緑樹
水やり
日光
肥料
耐寒性
メルヘンな雰囲気の小さく丸い葉(複葉)を付けます。
オレンジ色の花。花付きはあまりよくないので咲いてくれたらラッキーです。
実付きはあまりよくありません。
カクカクとした個性的な枝ぶりと、枝先の小さく丸い葉が特徴的な姫エンジュ。その見た目や雰囲気から「メルヘンの樹」とも呼ばれます。特に剪定しなくても枝が自然と曲がり、面白い樹形になっていきます。

【置き場所】
日当たりよく、風通しの良い環境を好みます。春~秋にかけては屋外管理も可能ですが、夏の直射日光をは葉焼けの危険があるので、真夏は半日陰や明るい日陰で管理しましょう。冬は屋内の暖かい場所で育てましょう。ずっと日陰で育成すると弱ってしまうので、室内管理の場合も出来るだけ明るい環境での育成を心がけてください。

【水やり】
春~秋にかけては、乾燥したらたっぷり水を与えてください。気温が15℃を下回ると成長が落ち着いてくるので、乾きににくくなります。寒い時期は乾燥してから1~2日空けて水やりしましょう。乾燥気味に育てることで耐寒性を高めることが出来ます。マメ科ですので、乾燥には比較的強い植物です。

【肥料】
成長期の4~9月は、月に2~3回ほど液肥を与えると元気に生長します。※(ヴィコント564を基準にしています)

【育成のコツ】
○基本的に日当たりの良い環境で育成すると元気に育ちます。
○水やりは「乾いたら」たっぷりと。冬は控え気味がポイントです。
○葉が小さいので乾燥しやすいです。エアコンの風が調節当たる様な環境では痛んでしまうことがありますので注意しましょう。
○葉の潤いを保つために定期的な「葉水」は◎です。
○冬(気温が10℃を下回ったら)屋内の暖かいところで育てましょう。