石木花図鑑

名前

ツルウメモドキ

種類 落葉樹
水やり
日光
肥料
耐寒性
楕円形で先がとがる。縁は穏やかな鋸葉。
秋は黄葉します。
初夏の頃、緑色であまり目立たない花を咲かせます。雌雄異株なので、結実させるためには雄株が必要です。
秋に黄色く染まります。その後、実が3つに裂けて中から鮮やかな朱色の実が顔を出します。
ツルウメモドキ(蔓梅擬)の魅力は何と言っても実の美しさにあります。青い実が黄色く変化し、やがてその実が弾けて中から黄赤色の鮮やかな実が現れると、息をのむほどの美しさに誰しもきっと感動するでしょう。その実の美しさから生け花やリースの素材としても重宝されています。秋~2月頃までの長い期間実を楽しめるので、盆栽素材としても人気の樹木です。また、強健な性質で育てやすい樹木です。

【置き場所】
春先の芽出しの時期は出来るだけ日当たりの良い場所で育てると花付きも良くなります。梅雨明け以降は、直射日光を避けた半日陰や明るい日陰で管理しましょう。基本的には風通しが良く涼しい環境を好みます。室内で育てる場合は蒸れない様に注意しましょう。冬は鑑賞時以外は出来るだけ屋外か、屋外に近い環境に置いてしっかり落葉(休眠)させます。実の鑑賞と、冬の体験を両立させましょう。

【水やり】
わずかに湿った土壌を好みますので、乾きには注意しましょう。目安は春秋は1日に1回、夏は1日2回(朝夕)、冬は2~3日に1回です。特に春の開花前の季節は乾きが早くなりますが、乾燥がひどいと花を咲かせにくくなりますので注意しましょう。

【肥料】
6~10月は、月に2~3回ほど液肥を与えると元気に育ち、翌年の花付きや実成りがよくなります。。
※石木花推奨「バイオゴールド ヴィコント564」を基準にしています。市販の液肥等は種類によって与え方が異なりますので、ラベルをよくご確認のうえ、与えてください。

【育成のポイント】
○水切れには注意が必要です。

○春先は明るい場所で日光浴させましょう。

○肥料は6月~10月の間与えます。

○冬は寒さを体感させましょう。