身近に自然を感じる石木花
石木花を飾る
小さな器に大きな自然
石木花の石のはなし

静寂なのに饒舌。
硬質なのにやわらか。
無機質なのにあたたかい。
庭園や寺院に見る
日本伝統の美を
担ってきた〈石〉には、
人の心を大地に繋ぐ
自然のちから、
宿っています。

石木花の木のはなし

やがて幹は太く
やがて枝は伸び
やがて根は地を這い
やがて葉は生い茂る。
ひとつとして同じ色はなく
ひとつとして同じ形はない。
〈木〉は、生命の奇跡そのもの。
自然の美そのものです。

石木花の花のはなし

〈花〉は極み。
〈花〉は結晶。
〈花〉は刹那。
〈花〉は永遠。
〈花〉は夢。
巡る季節がまた巡って
自然が自然のままに
移ろいゆくこと
語りかけてくれるでしょう。