石木花図鑑

名前

ヤマドウタン

種類 落葉樹
水やり
日光
肥料
耐寒性
秋には鮮やかに紅葉します。
白い釣りがね状の小さな花をつけます。
花後に小さい実をつけます。
「ドウタン」は枝の出方が昔の灯台(ともし火)の脚に似ていることから付いた名前とされています。繊細な枝が織り成す樹形が特徴的な樹種です。枝先の小さな葉は秋に美しく紅葉し、見ごたえがあります。また、非常にゆっくり生長するという性質のため、現在の姿を長く楽しむことができます。

【置き場所】
風通しのいい半日陰を好みます。夏の直射日光は葉焼けの原因になるので注意しましょう。冬は外か、外に近い環境で冬を体感させて植物のバイオリズムを整えてあげましょう。

【水やり】
基本的に乾いたらたっぷり与えます。目安は春秋は1日1回、夏は1日2回、冬は2~3日に1回です。

【肥料】
4~6月・9~10月に週1回程度液肥を与えます。なお活性剤を与えると、細かく枝分かれしやすくなります。※石木花推奨「バイオゴールド ヴィコント564」を基準にしています。市販の液肥等は与え方が異なりますので、ラベルをよくご確認のうえ、与えてください。

【育成のポイント】
○病害虫に強く、育て易い樹種ですが、完全に閉め切った室内で長期間育成したり、日当たりが悪い場所で管理したりすると弱ってしまうので注意しましょう。
○肥料を与えすぎると枝が間伸びしてしまいます。抑え気味を意識しましょう。