姫シャクナゲ

葉は線状で互生します。
4~5月、壷形で紅紫色の花を咲かせます。
花後に実を付けます。
耐寒性
水やり
日光
肥料
高山の湿地などに自生する姫石楠花(ヒメシャクナゲ)。美しい葉姿と、春に咲く幻想的な花が魅力的な樹木です。
姫シャクナゲの育て方

置き場所

夏以外は日当たりと風通しのよい場所で育てます。寒さには強いのですが、暑さは少し苦手です。夏は風通しの良い半日陰か明るい日陰で管理します。

屋外の場合

柔らかな風や、優しい雨は植物を十分にリフレッシュさせてくれます。夏は日差しが強く乾きの原因となるので注意が必要です。

「夏場」

基本的に明るい日陰で育てます。よしずなどを用いて涼しい環境を整えてあげるのも良いでしょう。また、日陰で腰水で育てる方法も有効です。※腰水は夏限定として常用しないようにします。

「冬場」

寒さには強い樹木です。基本的には寒い場所で冬を体験させてあげましょう。屋外環境でも問題ありませんが、寒風や霜から保護しましょう。ムロや半屋内(寒い場所)などで管理することをオススメします。

屋内の場合

屋内で管理する場合、風通しの確保が重要になります。エアコンの風 が直接当たる場所は避けましょう。偏った乾燥状態になり、植物は傷んでしまいます。たまに外の空気に当てたり、雨に当てたりしてあげると植物はリフレッシュでき元気に育ちます。

「夏場」

風通しの良い環境を確保しましょう。夏は暑さで蒸れやすくなるので出来るだけ涼しい環境で育成し、水切れに注意しましょう。日陰で腰水で育成する方法もあります。

「冬場」

できるだけ寒い環境で育成しましょう。冬を体験することは非常に大切です。

水やり

水を好み、乾燥がやや苦手。用土の乾燥を嫌いますので水切れには注意しましょう。特に春~夏は乾きやすいのでたっぷりあげましょう。水やりの目安は、春秋は1日1回、夏は朝夕の1日2回、冬は2〜3日に1回です。また、暑い時期の葉水は、葉の乾燥防止や健康維持に効果的です。朝や夕方に霧吹き等で与えるといいでしょう。

水のやりすぎで枯れることはあまりありません。

みずやりのタイミング

肥料

真夏を除く4〜10月は2週に1回の頻度で液肥を与えます。 ※バイオゴールドヴィコント564を基準にしています。その他の肥料を与える場合は説明書などを参考にしてください。 ※置き肥の場合は4~5月、9~10月に月1回、固形肥料(油かすや骨粉等)を与えます。

病害虫

病害虫にとても強い樹木ですが、空気の乾燥が続くとハダニなどがつくことがあります。乾きやすい時期は葉水をしておくと予防になります。

姫シャクナゲの詳しいお手入れ

ヒメシャクナゲ(姫石楠花)に適した用土

一般には鹿沼土を単用または、ミズゴケを混用したものを使用します。保水性を考慮して表土にミズゴケを敷く場合もあります。

【石木花の土:酸性】 が適合します。

植え替え

3月下旬~4月中旬か、9月下旬~10月上旬が植え付け適期です。約2~3年に1回を目安に植え替えます。植え替え後はあまり暑くなったり乾燥したりしないように注意が必要です。また、小さい木は根を切り詰めないで鉢増し(サイズアップ)した方がいいでしょう。

ヒメシャクナゲ(姫石楠花)育成のポイント

◯乾きやすい場合は1cm程度の腰水にします。腰水は、深水にしないようにしましょう。夏は水温が上がるので、毎日水を入れ替えます。

◯湿原に生える植物のため乾燥に弱く、根が乾くと枯死してしまいます。冬の休眠期も、水切れさせないよう注意します。

◯基本的に日当りのいい場所で育成します。

◯水切れに注意します。朝に水をやっても夕方乾いてしまうようなら置き場所を工夫し、できるだけ涼しいところで管理しましょう。

◯肥料は定期的に与えましょう。花付き・生育が良くなります。

◯特に屋内管理の場合は日照や風通しの条件が悪くなりやすいため、活性剤を定期的に与えることでより健やかに育成できます。

肥料・活性剤