石木花図鑑

名前

トキワサンザシ

種類 常緑樹
水やり
日光
肥料
耐寒性
細長い卵型の葉をつけます。
白い小さな花が密集して咲きます。
花後に、丸くて赤い実が結実します。
大変実付きの良い樹種です。
可憐な白花の後に、たくさんの赤い実をつけます。一年を通して、華やかに変化する姿から目が離せません。そのうえ、とても丈夫で育てやすいので初心者の方にもおすすめです。

【置き場所】
半日陰でも育ちますが、基本的に日当たりがよく風通しのいい場所を好みます。また、日当たりの良い環境のほうが実つきがよくなります。真夏の直射日光は強いので、半日陰や明るい日陰で夏越ししましょう。
冬は屋内で鑑賞しますが、通年屋外管理も可能です。暑さはもちろん、寒さにとても強い樹種で氷点下の環境にも耐えます。

【水やり】
水は乾いたらたっぷり与えます。春秋は1日1回、夏は1日1~2回、冬は2日に1回が目安です。春~秋にかけての成長期は水上げが強くなるので、水切れには注意しましょう。

【肥料】
肥料は成長期の3~6月・9~10月は週1回、その他の月は月1~2回ほど液肥を与えます。(バイオゴールド ヴィコント564を基準にしています)春から秋にかけてしっかりと肥料を与えると実つきがよくなります。

※市販の液肥は種類によって与え方が異なります。ラベルをよく確認して与えましょう。

【育成のコツ】
○花後に結実しますので、花がら摘みの必要はありません。花が咲いたら筆先など(指先でも大丈夫です)で花のおしべとめしべを撫でる様にして受粉させると、確実に実がなります。

○実がついている期間が長いのですが、春には実を取り除いてすっきりさせてあげましょう。

○春以降、枝が良く伸びるので剪定(カット)して樹形をキープしましょう。なお、秋に花芽ができるので7~8月頃以降は剪定を控えるようにします。

○肥料をしっかり与えることで実付きが良くなります。